マクロビオティック出張料理、出張料理教室、ケータリングのハレルヤ 野菜料理研究家 月森紀子レシピ監修
お問い合わせ(平日10時〜20時)
代表直通
マクロビ出張料理人のネタ帖

知っとくと便利!干し野菜

お楽しみさまです ハレルヤの松本です。 実りの秋、お野菜がほんと~に美味しい季節になりました。 時に、買いすぎたり、頂き物で使い切れずに 余らせてしまうことがないでしょうか? そんな時には始末の作法として、 自分でつくる乾物「干し野菜」を作る方法を 知っていると重宝します。 $マクロビ出張料理屋★料理には人を幸せにする力がある。 作り方はいたって簡単。 野菜を切って盆ざるに広げるだけ! ポイントは温度と湿度。 最高気温が15℃、湿度が40%を切ってくると、 絶好の干し野菜日和。 湿度が高いと水分が抜けきらずに カビが生えやすいので注意。 もう少し気温が下がってくると 干し野菜にぴったりの季節到来です。 日にあて、水分をとばすことで、 旨味はぎゅっと凝縮され、 栄養価はアップ、歯ごたえも増しておいしくなります。 まずは、薄く輪切りにしたニンジンを2~3時間干して、 かじってみてください。 なんともいえない甘みが口いっぱいに広がります。 それになんといっても陽射しはタダ! 干すことで太陽のパワーを体に取り入れた 干し野菜づくりにチャレンジしてみましょう。 最近では親切な干し野菜ネットもあるので、 場所も取らずに手軽に干し野菜が作れます。 http://amzn.to/1epoFnX 1人暮らしや少人数の家庭だと 野菜が余ってしまうことありますよね。 せっかく旬の野菜を買ったのに冷蔵庫の奥でシナシナに なんて経験ある方少なくないハズ。 干し野菜を作るということを知っていれば心配ご無用! 野菜は基本的になんでもOKですが、 葉物野菜のレタス、青菜などは向きません。 きのこ、芋、根菜でも半日も干せば 表面がしんなりしてセミドライ状態。 さらに4~5日干せば完全干し野菜の完成です。 じょうずに干せば風味を損なうことなく1年は保存でき、 水で戻せば復活する。 またこの戻し汁が実に風味豊かで旨い。 味噌汁に干し野菜ごと使えば出汁いらずで本当においしい。 おかわり必至です(笑)。 野菜の下ごしらえとして 半干しというテクニックをご紹介しておきますね。 水分の多い白菜なんか炒めものにすると 水っぽくておいしくないという経験あると思います。 数時間干してから使うと、 余計な水分が飛んで格段に旨みがアップします。 鍋物にするときにも使えます。 お試しください。 まとめ 【干し野菜のポイント】 1、野菜は洗って、水気を切り、用途に合わせてカットしておく 2、水分の抜けやすい盆ザルに野菜が重ならないように並べる 3、風通しの良いところで干す。日中10時~15時がベストタイム 4、長く保存したい場合は、時間をかけて芯までカラカラに 5、干し上がったら乾燥剤といっしょに、密閉保存 6、すぐに使わない時はフリージング用の袋に入れて、空気をぬき、冷凍保存
LINEで送る
Pocket


コメント

※コメントは承認制となっております。承認されるまで表示されませんのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食べるだけでカラダもココロも幸せになれるハレルヤごはんメールレッスン

お名前
メールアドレス

パーソナルシェフへの道 毎日スマホで学べるメール講座

自分の料理で人の“笑顔”と“収入”を手にいれたい女性のための『パーソナルシェフへの道』メール講座です。
ぜひご登録ください!

お名前
メールアドレス
はじめての方へ
食材へのこだわり
お料理例
ハレルヤのレシピ
代表の思い
良くあるご質問
お試しサービスはこちら
連絡先