マクロビオティック出張料理、出張料理教室、ケータリングのハレルヤ 野菜料理研究家 月森紀子レシピ監修
お問い合わせ(平日10時〜20時)
代表直通
ホーム > お役立ち情報 > はれはれ通信 > ●【はれはれ通信】2013.11.13 寒露号

お役立ち情報

●【はれはれ通信】2013.11.13 寒露号

■INDEX

├—-「舌トレ」で料理力アップ

├—-おすすめレシピ「ミックスベジタブル」

├—-編集後記

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

お楽しみさまです

ハレルヤの松本です。

 

秋を飛ばしていきなり冬のような寒さになりました。

カラダがついていけないですね。

 

最近少し真面目にカラダを動かそうと始めたジム通い。

慣れないダンスで膝を痛めてから、

マシンばっかりで、ハッキリ言って苦行(; ̄O ̄)

でも習慣化するまでがんばります。

 

ではさっそく本日のメルマガをお届けします。

━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━

筋トレ、脳トレそして「舌トレ」で料理力アップ

━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・

筋トレ、脳トレと同じように、

「舌トレ」をすると料理の味が格段にアップします。

 

料理力は、舌の記憶の量に比例すると思っています。

味の記憶が多いほど、引き出しが増え料理の幅がひろがります。

 

では具体的に舌トレの方法を紹介していきましょう。

 

まず舌は、部分によって味の感じ方が違うということを

理解しましょう。

 

たとえば、

 

甘味は舌先で強く感じ、

酸味は舌の両側

苦味は舌の根本

塩見は舌の周辺全体でまんべんなく

 

という具合です。

 

なので味見をするとき、

舌先だけで味をみても勘違いしてしまいます。

 

また食べ物を口に入れると

唾液がたくさん出てきて味が薄まってしまいます。

 

ですから、上手に味見をするには、

口の中の調子をととのえ、意識を集中して、

食べ物を舌の上全体にひろげ、

その時の一瞬の味を記憶したら、

あとはさっと飲み込むか、

吐き出すかしたほうが、

正確な味が分かります。

 

味付けに迷って、何度も味見をすればする程ドツボにはまって、

味の迷宮入りとなってしまいます(笑)

 

なので味見は3段階でするのがおすすめです。

 

●1回目、煮物などを作るときに、鍋に材料と出汁を入れ、

煮立ったら弱火にして、調味料を加える前に味を見みる。

素材そのものから出た味をチェックする。

 

●2回目、調味料を加えて味をみる。

 

●3回目、最後に仕上がった料理の味をみる。

煮物でも汁物でも少し薄味ではないかと

思う程度のほうが、食卓に出したとき、

かえってちょうど良くなることが多いので

気持ち薄めに仕上げるのがコツです。

 

味見をするときは、全神経を舌に集中して、

あたかも舌が脳みそになったように、

舌全体で味を感じとってください。

 

レシピの分量は、あくまでも目安です!

素材の個体差、体調、嗜好、季節によって、

味を加減して、自分がおいしいと

感じる味に仕上げてください。

 

日々の料理で数稽古をして、舌の感性を磨いてください!

料理の時の、匂い、音、見た目なんか五感もフル活用して

料理力を磨いていきましょう。

 

自分の舌を鍛えれば、紙パックのジュースを¥1,400の絞りたて

フレッシュジュースと思い込むこともないでしょう(笑)

 

━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━

おすすめレシピ「カブと白菜のすり流し」

━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・

急に寒くなりました。

こんな時は体も温まりたいと申しております。

今日は体の芯からほっこりするような優しい、

温まるスープの紹介です。

 

冬にかけて美味しくなるカブと白菜が主役です。

 

●カブと白菜のすり流し

 

【材料】2人分

・かぶ 1個(150g)

・白菜 2枚(200g)

・椎茸昆布出汁 2カップ

・ローリエ 1枚

 

A

・みりん 小さじ1/2

・薄口しょうゆ 小さじ1

・塩 小さじ1/4

 

・かぶの葉 少々

 

【作り方】

①かぶは茎を切り落とし、半分に切って薄切りにする。白菜は2~3㎝角のざく切りにする。

 

②鍋に出し汁を入れて①の野菜とローリエを加え、強めの中火にかける。煮たってきたら弱火にし、

ふたをして10~15分ほど煮る。

 

③②にAの材料を加え調味し、1~2分煮る。

 

④ミキサーに③のローリエの葉を取り除いて汁ごと入れ、なめらかなピューレー状にする。

 

⑤かぶの葉はさっとゆで、細かく刻む。

 

⑥を鍋に戻して温め、器に盛り付けて、⑤のかぶの葉を飾る。

 

ローリエは是非入れてください。香り高いスープにしあがります。

特にとろみ付けの材料を使わなくてもカブがピューレー状になってとろみがつくので、

十分ポタージュ状になります。

 

出来上がりの雰囲気はこちらで確認下さい。

http://bit.ly/1clCeCY

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

◇編集後記◇

 

最近はまっていること

それは「鼻うがい」。

 

鼻腔を洗浄して風邪の予防になるだけでなく

心の浄化作用もあるらしいです。

 

何でも鼻の奥と、のどの境界部分にある空間に

Bスポットという場所があるらしく

そこを洗浄するのがとても効果的なのだそうです。

 

確かに実践してみると確実に視界も明るく、

思考もクリアーにり、心のモヤモヤも消えますね。

 

一番感じるのは、嗅覚が5倍くらい鋭敏になり、

素材の匂い、味覚の感覚が研ぎ澄まされ、

料理がワンランクアップしました。

 

やり方にいくつかポイントがあるので、

興味を持たれた方は自己流でやらずに

こちらを参考にしてください。

 

http://www.youtube.com/watch?v=B8hGi0QlhBg

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 

ご意見、ご感想はcs@hareruya.jp まで

 

発行元:ハレルヤ・パーソナルシェフ・サービス

発行責任者 松本 敏弘

『食べ方を変えると、生き方が変わる』

〒104-0043

東京都中央区湊3-7-11パンセフレスコ805

TEL/FAX: 03-3555-1077

携帯:090-9839-8822

e-mail : cs@hareruya.jp

URL : http://hareruya.jp

blog:http://ameblo.jp/detoxmatsu/

Facebook:http://www.facebook.com/hirohareruya

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

食べるだけでカラダもココロも幸せになれるハレルヤごはんメールレッスン

お名前
メールアドレス

パーソナルシェフへの道 毎日スマホで学べるメール講座

自分の料理で人の“笑顔”と“収入”を手にいれたい女性のための『パーソナルシェフへの道』メール講座です。
ぜひご登録ください!

お名前
メールアドレス

バックナンバー

はじめての方へ
食材へのこだわり
お料理例
ハレルヤのレシピ
代表の思い
良くあるご質問
お試しサービスはこちら
連絡先
ブログ:マクロビ出張料理人のネタ帖