マクロビオティック出張料理、出張料理教室、ケータリングのハレルヤ 野菜料理研究家 月森紀子レシピ監修
お問い合わせ(平日10時〜20時)
代表直通
ホーム > お役立ち情報 > はれはれ通信 > ●【はれはれ通信】2013.06.28 夏至号

お役立ち情報

●【はれはれ通信】2013.06.28 夏至号

**************************** ■INDEX ├—-手抜きをしてもおいしくできる「マリネ料理」 ├—-7月のクッキングライブのご案内 ├—-おすすめレシピ「夏野菜のねばねばマリネ」 ├—-編集後記 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ お楽しみさまです ハレルヤの松本です。 先週、ロマンスカーで箱根の温泉へ行ってきました。 3ヶ月に一度くらい日常を離れて、いつもと違った環境で、 ひとり作戦会議と称して、「緊急ではないけど重要なこと」 についてじっくり考えることにしています。 本当は海外にでも行けると良いのですが、 まだまだ3ヶ月に一度という余裕がありません(苦笑)。 では、本日の「はれはれ通信」をお届けします。 ━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━ 手抜きをしてもおいしくできる「マリネ料理」 ━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━ フェイスブックで、いつも料理の写真をアップしていると 一日中料理をしているようなイメージを持たれがちですが、 実は自分達の為に料理に費やす時間は意外と短かったりします。 その訳は、”良い手抜き料理”常備菜とマリネのおかげです。 前回からスタートした「きっと役立つ調理方法」、 第2回目は「マリネ」についてお話をします。 台所仕事は昨日、今日、明日と日々の流れのことなので、 中途半端に残った食材や、 特売などでつい多めに買ってしまった食材などが どこの家庭にも結構あるものです。 こういったものをいかに無駄にせず、 活かすのが腕の見せどころな訳ですが、 「マリネする」ことを知っていれば、結構役立ちます。 マリネとは、何らかの調味料・液で食材に味をつけておくこと。 食材は生だったり、火を通してからだったりします。 良く使う調味料は、 酢、レモン汁、各種オイル、ワイン、ハーブ、スパイスなど。 マリネすることのメリットは、 ・少し漬けておくだけで、勝手に時間がおいしくしてくれる ・保存が効くものが多く、残り物を無駄にする事がなくなる ・日常忙しくても、調理法がシンプルで短時間でOK ・帰ってきた時に、とりあえず1品がある安心感 ・急な来客時でも、結見栄えのする1品になる! 我が家で頻繁に登場するのが、 旬の野菜を、 ・フライパンで焼く ・オーブンでロースト ・揚げる ・ゆでる のいずれかの調理後、マリネ液に漬けこむ料理。 マリネ液を、 ・バルサミコ、マスタードベースにすれば洋風 ・醤油出汁ベースにすれば和風 ・ごま油で風味を加えれば中華風 になります。 冷蔵庫を覗いて、中途半端な野菜をどんどんマリネにしていきます。 冷蔵庫の整理ができ、野菜が沢山摂れて、 3~4日保存のできる常備菜ができると一石三鳥です! 是非チャレンジしてみて下さい。 今回参考にさせて頂いた本です。 「有元葉子のマリネがあれば」有元葉子著 http://amzn.to/18hvFmH ━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━ 7月のクッキングライブのお知らせ ━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・ 7月のクッキングライブは初夏を感じられるメニューです。 デモンストレーション形式ですので実習はありません。 ゆったりしたお気持ちで楽しんでください。 マクロビ料理のコツと凝縮されたエッセンスを、 ご自宅へ持ち帰って実践していただければ幸いです。 ●日時:7/21(日)15:00~18:00 ●予定メニュー ・とうもろこしとゴーヤーのフリット ・飛龍頭 ・夏みかんのちらし寿司 ・夏野菜のすり流し ・水ようかんのかぼちゃソース ●場所:足立区千住2-36(Greenfoods17内) おしゃれな八百屋の奥が会場です。 ●アクセス:JR、メトロ、各線北千住駅より徒歩5分 ●持ち物:筆記用具、持ち帰り用タッパー(必要あれば) ●料金:5,000円(税込) 【お申込み方法】 こちらの専用フォームからお申込み下さい ↓ https://ssl.form-mailer.jp/fms/fd8b7342105341 お問い合わせ先 Greenfoods17(グリーンフーズ17) 東京都足立区千住2-36 TEL:03-3881-4938 ━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━ おすすめレシピ「夏野菜のねばねばマリネ」 ━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・ 今回は夏向き超簡単マリネを1品紹介です。 玄米に乗せても、そうめん、そばにかけても旨し。 ●夏野菜のねばねばマリネ 【材料】(2人分) ・おくら(へたの周囲を削り、板ずりしてみじん切り)6本 ・きゅうり(5mm角に切る)1本 ・ピーマン(5mm角に切る)1個 ・しょうが(みじん切り)ひとかけ ・みょうが(薄切り)2~3個 ・大葉(千切り)  5枚 ・しょうゆ、水   各大さじ1 【作り方】 すべての材料をボウルの入れよく混ぜる。 10~15分くらいおくと粘りが出る。 味を見て、醤油で加減。水で好みの粘り具合に調整。 是非お試し下さい。 ◇編集後記◇ 先日、「お豆腐工房いしかわ」の究極のお豆腐レシピの 出版記念パーティーにご招待頂きました。 今更ですが、お豆腐は日本人のソウルフードだと再認識しました。 街のお豆腐屋さんは激減していますが、豆腐の消費量は微増だそうです。 意外と知られていないのですが、お豆腐と牛乳の栄養素を比較すると、 カルシウムもたんぱく質も、お豆腐の方が豊富に含まれているんです。 カルシウムを摂るなら、牛乳よりも豆腐でしょ! 国産大豆を使った豆腐を食べて日本の大豆つくりを応援しましょう!
LINEで送る
Pocket

食べるだけでカラダもココロも幸せになれるハレルヤごはんメールレッスン

お名前
メールアドレス

パーソナルシェフへの道 毎日スマホで学べるメール講座

自分の料理で人の“笑顔”と“収入”を手にいれたい女性のための『パーソナルシェフへの道』メール講座です。
ぜひご登録ください!

お名前
メールアドレス

バックナンバー

はじめての方へ
食材へのこだわり
お料理例
ハレルヤのレシピ
代表の思い
良くあるご質問
お試しサービスはこちら
連絡先
ブログ:マクロビ出張料理人のネタ帖