マクロビオティック出張料理、出張料理教室、ケータリングのハレルヤ 野菜料理研究家 月森紀子レシピ監修
お問い合わせ(平日10時〜20時)
代表直通
ホーム > お役立ち情報 > コラム > 食べ方と生き方 > ●野菜が必要量の7割しか取れていない

お役立ち情報

コラム
食べ方と生き方

●野菜が必要量の7割しか取れていない

お楽しみ様です ハレルヤの松本です。 野菜おいしく食べてますか~?   自分の周りは野菜だらけだし、 知り合いも野菜好きが多いから、 つい勘違いしてしまいがちだけど、 日本人の野菜消費量は年々減少傾向で、 約20年で2割減なのだそうです。   野菜の供給純食料の推移(1人1年当たり[消費量kg/年・人]) 出典:農林水産省「食糧需給表(平成22年度)」から作成   厚生労働省が推奨する1日350gに対して、 平均281.7gの摂取量で目標の約7割。 野菜が必要量の7割しか取れていない。 というのが現実のようです。 近隣の中国は766.83g、韓国は584.63gと高い数値です。   低脂肪・高食物繊維食の野菜が、 肥満防止、生活習慣病予防に良いと頭で分かっていても、 実生活では、外食の割合が多かったり、 内食でも加工食品の比率が高かったり、 めんどう、作り方がわからない、おいしくできない、 食材を余らせて駄目にしてしまうなどの理由で、 野菜が敬遠されているようです。   ちなみに一日350gって具体的にどのくらいかというと、 野菜料理一皿70g(例えば青菜のお浸し)として、 5皿の野菜料理がひとつの目安です。   毎日美味しく実践できる方法をお伝えしていかねばと 改めて思った次第です。
LINEで送る
Pocket

食べるだけでカラダもココロも幸せになれるハレルヤごはんメールレッスン

お名前
メールアドレス

パーソナルシェフへの道 毎日スマホで学べるメール講座

自分の料理で人の“笑顔”と“収入”を手にいれたい女性のための『パーソナルシェフへの道』メール講座です。
ぜひご登録ください!

お名前
メールアドレス

最新の記事

はじめての方へ
食材へのこだわり
お料理例
ハレルヤのレシピ
代表の思い
良くあるご質問
お試しサービスはこちら
連絡先
ブログ:マクロビ出張料理人のネタ帖