マクロビオティック出張料理、出張料理教室、ケータリングのハレルヤ 野菜料理研究家 月森紀子レシピ監修
お問い合わせ(平日10時〜20時)
代表直通
ホーム > お役立ち情報 > コラム > お料理の作法、心得について > ●料理がおしくなる魔法の言葉とは?

お役立ち情報

コラム
お料理の作法、心得について

●料理がおしくなる魔法の言葉とは?

料理にはその時の気分が、誤魔化しようもなく現れます。
何故なら食べ物の実体は、波動エネルギーだからです。
気分という感情エネルギーの影響を受けてしまうのです。
私は食べ物を、決して栄養学で言うところの、
カロリー、ビタミン、ミネラルを「入れれば入る」栄養計算とは捉えていません。
よくある話で
同じコップの中の水に向かって
右の水には 「ありがとう」
左の水には 「バカヤロー」

と言ったから飲むと、明らかに味が変わるのです。
是非実験してみてください。
食事が口からカラダの中に入った後、
あなたにとって活かされるか、排せつされるか、
はたまた邪魔者扱いされるかは
作った人の気分、食べる時の気分が大きく関わってます。
ワクワク、感謝、の気持ちで料理するとその波動が出ます。
イライラ、怒り、あせり、悩みなどの気分で料理するとその波動が料理に出ます。
どちらの気分で料理されたものを食べたいでしょうか。
私も普通の人間です、
その日の体調や、出来事に気分は左右されます。
でも料理にそのネガティブな気分を反映させないように、
料理に取りかかる前には必ず、マインドセットをします。
その方法とは?
雨、土、風のお恵みと、
これをつくって下さった方々の愛念に感謝して
お料理させて頂きます。
この食べ物がからだの中に入って
自他共にお役に立ちますように。
ありがとうございます。

このフレーズでスイッチが入ります。
教えて下さったのは
「百姓屋敷わら」の船越康弘さんです。
感謝に勝る料理なし.jpg
いい気分でお料理しましょう。

LINEで送る
Pocket

食べるだけでカラダもココロも幸せになれるハレルヤごはんメールレッスン

お名前
メールアドレス

パーソナルシェフへの道 毎日スマホで学べるメール講座

自分の料理で人の“笑顔”と“収入”を手にいれたい女性のための『パーソナルシェフへの道』メール講座です。
ぜひご登録ください!

お名前
メールアドレス

最新の記事

はじめての方へ
食材へのこだわり
お料理例
ハレルヤのレシピ
代表の思い
良くあるご質問
お試しサービスはこちら
連絡先
ブログ:マクロビ出張料理人のネタ帖