マクロビオティック出張料理、出張料理教室、ケータリングのハレルヤ 野菜料理研究家 月森紀子レシピ監修
お問い合わせ(平日10時〜20時)
代表直通
ホーム > お役立ち情報 > コラム > お料理の作法、心得について > ●味をつけるのか引き出すのか。

お役立ち情報

コラム
お料理の作法、心得について

●味をつけるのか引き出すのか。

れんこん.jpg
味を付けようとするのと
味を引き出すのでは
出発点が根本的に異なる。
味を付けようと考えると調味料から考える
味を引き出そうと考えると素材から考える
素材と向き合い、その持ち味は何かと考え
特長が活きる作法を考える。
かといって全く手を加えないのでは、料理人としての存在の意味がない。
茹でるだけ、焼くだけといっても、絶妙の加減というものがある。
そこを追求したい。

LINEで送る
Pocket

食べるだけでカラダもココロも幸せになれるハレルヤごはんメールレッスン

お名前
メールアドレス

パーソナルシェフへの道 毎日スマホで学べるメール講座

自分の料理で人の“笑顔”と“収入”を手にいれたい女性のための『パーソナルシェフへの道』メール講座です。
ぜひご登録ください!

お名前
メールアドレス

最新の記事

はじめての方へ
食材へのこだわり
お料理例
ハレルヤのレシピ
代表の思い
良くあるご質問
お試しサービスはこちら
連絡先
ブログ:マクロビ出張料理人のネタ帖