マクロビオティック出張料理、出張料理教室、ケータリングのハレルヤ 野菜料理研究家 月森紀子レシピ監修
お問い合わせ(平日10時〜20時)
代表直通
ホーム > お役立ち情報 > コラム > 食べ方と生き方 > ●『フード・ダイアリー』のすすめ

お役立ち情報

コラム
食べ方と生き方

●『フード・ダイアリー』のすすめ

fdiary.JPG
『フード・ダイアリー』のすすめ
私達のカラダ、こころは、毎日の食べた物からつくられます。
お金の管理、仕事の管理など、生活のどんな面でも、
自分の現状を把握することが理想の状態へ近づく第一歩です。
同じことが食生活にも言えます。そして食事が人生に与える
影響は思いのほか大きいのです。
フード・ダイアリーを記録することで、
まずは現状を客観的に見つめ、
今まで気付かなかった自分を発見し
「本当になりたい自分にデザインしていく」
ヒントがいっぱい見つかるはずです。
■「フード・ダイアリー」のメリット
・自分のことを客観的に観ることができるようになる(とても大切なことですが案外難しいものです。)
・感情が安定する。
・ストレスが減り、生きることが楽になる。
・自分の体調、感情を食事でコントロールできるようになる。
・日々の食事を通して着実に理想の自分に近づいていける。
・今までかかっていたサプリメント、医療費などが削減できる。
・思考がクリアーになる。感性、直観が研ぎ澄まされる。
・見た目、外見がすっきりする。体重のコントロールができる。
結果、生きることが楽になる!
■「フード・ダイアリー」に何を記録するの? (記録する項目)
1. フード・ダイアリーに、朝・昼・晩(間食・夜食)食べたものを記録しましょう。
2.その時の状況も記録しましょう。(誰と、どこで食べたか)
3. 食べたあとの気分、体調への影響を記録しましょう。
4. 「体重」「お通じ」「睡眠時間」「排尿」「運動」の5項目を記しましょう。
5. 今日の目標・テーマを決めましょう。(カラダとこころの理想の状態をイメージして書きましょう。)
■ぜひ試してみてほしいこと
1.食事はよく噛み、腹八分目をこころがけましょう。
2.寝る前3時間はなるべく食べないようにしましょう。
  3.まずはフード・ダイアリーを7日間分つけましょう。
(間があいてもよいので2週間のうち最低7日間を目標に)
フード・ダイアリー小冊子&テンプレートお申し込み(無料)はこちら>>

LINEで送る
Pocket

食べるだけでカラダもココロも幸せになれるハレルヤごはんメールレッスン

お名前
メールアドレス

パーソナルシェフへの道 毎日スマホで学べるメール講座

自分の料理で人の“笑顔”と“収入”を手にいれたい女性のための『パーソナルシェフへの道』メール講座です。
ぜひご登録ください!

お名前
メールアドレス

最新の記事

はじめての方へ
食材へのこだわり
お料理例
ハレルヤのレシピ
代表の思い
良くあるご質問
お試しサービスはこちら
連絡先
ブログ:マクロビ出張料理人のネタ帖