食べるだけでカラダもココロも幸せになれるハレルヤごはんメールレッスン

お名前
メールアドレス

パーソナルシェフへの道 毎日スマホで学べるメール講座

自分の料理で人の“笑顔”と“収入”を手にいれたい女性のための『パーソナルシェフへの道』メール講座です。
ぜひご登録ください!

お名前
メールアドレス
ブログ:マクロビ出張料理人のネタ帖
ホーム > ハレルヤのご案内 > ベジタリアンやヴィーガン(ビーガン)、マクロビオティックのレストランやカフェの代わりに

ベジタリアンやヴィーガン(ビーガン)の方へ「マクロビオティックのレストランやカフェを探すのに苦労していませんか?」

ヘルスコンシャスな考え方やライフスタイルが浸透するにつれ、都内でも年々ベジタリアンヴィーガン(ビーガン)マクロビオティックの考え方を取り入れたレストランやカフェが増えてきています。

とはいえ、一般の飲食店に比べればまだまだ小数派です。

いつでも、どこでも簡単にベジタリアンやヴィーガン(ビーガン)、マクロビオティックレストランに出会うには圧倒的に数が足りません。

おまけに、お気に入りのベジタリアンやヴィーガン(ビーガン)、マクロビオティックレストランを見つけても、次回また行こうとすると、閉店していたなんてことはよくある話です。

僕自身、ベジタリアンやヴィーガン(ビーガン)、マクロビオティックのレストラン、カフェの経営に10年以上関わってきたので厳しい現実が解るのですが、食材にこだわり、有機、無農薬、本物の調味料などを使う料理は、原価が高くお店の経営を圧迫します。

そしてベジタリアンやヴィーガン(ビーガン)、マクロビアンの人は、まだまだ世の中では少数派で、お客様自体の絶対数が少ないという厳しい現実があります。

安い、早いを追求するお店ばかりが増えて、本当に人に良い食事を提供するお店が増えていかないのは本当に残念で仕方ありません。

いきおい、ベジタリアンやヴィーガン(ビーガン)、マクロビアンが消去法で行き着く店が、蕎麦屋かカレー屋ではないでしょうか?

これではあまりにも選択肢が少なすぎますね。

このような現実を見たり、聞くにつけ、僕は考えました。
「お店を構える必要ってあるの?」
「目的は、ベジタリアンやヴィーガン(ビーガン)、マクロビアンが安心して、食事ができる場を提供することで、お店にこだわる事はないんじゃないか?」と。

その答えのひとつが、無店舗、出張料理で対応することでした。これが、ハレルヤ・パーソナルシェフ・サービスを始めた理由です。

「お店はないんですか?」
とよくご質問を頂きます。

そんな時は、
「あえてお店は作りませんでした」
とお答えしています。

料理写真

その理由は、

  • お店を持たないと、固定費(家賃、水道光熱費など)がかからないので、その分これまで以上に、食材に十分費用をかけられます。
  • お店の性格上、不特定多数のお客様に料理を用意せざる得ず、必ずしも、料理の味付け、ボリュームなどが自分の好みと合うとは限りません。
    出張パーソナルサービスであれば、事前に好みを伺うので自分に合った味付け、料理を食べる事ができます。
  • 一旦お店を構えると、その場所からは動けません。いわゆる待ちの商売です。
    その日に来店するお客様を見込んで料理の仕込をしますが、天候、イベントなどコントロールできない理由で見込みははずれます。その場合の食材は泣く泣く廃棄処分しなければならず、環境、食材に優しくありません。
    出張パーソナルサービスであれば、オーダーを受けた分だけお作りするので、一切の無駄が発生しません。
  • 当たり前ですが、お店へはこちらから出向いて行かなくてはなりません。出張パーソナルサービスはいわゆる、お店があなたの所へやってくるサービスです。

などなど、お店を持たない事で生まれるメリットは数え上げると結構あるものです。

強いてデメリットがあるとすれば、信用でしょうか?
お店がないので、いつ何時いなくなってしまうか解らないのでは?
しかしこれは、お店を構えていても同じで、昨日まで営業していたのに、今日には閉まっていたなんていうのは良くある話です。

ハレルヤは約5年間、年間800回の定期的出張料理サービスを、ベジタリアンやヴィーガン(ビーガン)、マクロビアンの方々向けに提供し続けています。

これは何物にも代えがたい信用ではないでしょうか。

ベジタリアンやヴィーガン(ビーガン)、マクロビオティックのレストランをお探しの方、発想を変えて、シェフがあなたの所へやってくるという出張パーソナルサービスをひとつの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか?

お料理例−お客様に紹介したお料理の紹介 お試しサービス、出張料理のお問合せ、お申込み

PAGE
TOP