食べるだけでカラダもココロも幸せになれるハレルヤごはんメールレッスン

お名前
メールアドレス

パーソナルシェフへの道 毎日スマホで学べるメール講座

自分の料理で人の“笑顔”と“収入”を手にいれたい女性のための『パーソナルシェフへの道』メール講座です。
ぜひご登録ください!

お名前
メールアドレス
ブログ:マクロビ出張料理人のネタ帖
ホーム > サービスのご案内 > シェフのご紹介

シェフのご紹介

シェフのプロフィール

川辺 里奈

川辺 里奈

神奈川県出身。

子ども好きで子どもの環境、食事、一人一人の心の奥が気になり2001年チャイルドマインダー・2003年チャイルドセラピストを取得。

その後幼児教室や託児所、ベビーシッターなどを行なう。
2007年からマクロビオティックライフを始めて2009年クシマクロビオティックアドバイザー取得。マクロビオティックを広める為に同年4月に自宅教室を開始。

2012年クシマクロビオティックフードコーディネーター取得。「子どものためのマクロビオティック」に力を入れる。

その他1DAY講座も多数開催中。

お弁当や焼き菓子の販売も行い8月にパーソナル・シェフを開始。

日々マクロビオティックを広げる為に活動中♪♪♪
♪2009年12月「relaxy」発売。りなろび!レシピ提供♪
♪2010年7月「Veggy」発売。「人気ブロガー」に参加♪
♪2011年3月「Veggy」発売。「お取り寄せもできる!ベジィーなお弁当大集合♪」に参加
♪2011年5月7日東京ビックサイトにて「mama fas 2011」りなろび!ブース♪りなろび!ソフトクッキー販売
♪2011年11月「Veggy」発売。「パーソナルシェフのすすめ」に参加
♪2011年11月20日「オーガニック電話帳・最新改訂版・第六段」発行
〜オーガニックなライフスタイル情報源〜・(教育・普及・研究機関のP503にりなろび!記載)
♪2012.7.9 りなろび!プロデュースのモトヤエクスプレスのマクロビクッキー発売開始!
都内にて珈琲屋台4店舗、路面店1店舗で販売♪

ブログ  りなろび

メッセージ

マクロビオティックは、お肉を食べては、ダメ!〜を食べては、ダメ!と思っている方が多いと思いますがダメ!という言葉は、ありません。

出来る限りさけていきましょうという考えです(病気の方は、別ですが)。

そして食べたい物を食べ過ぎてしまった時は、バランスをとっていきましょう。

自然にバランスをとっている方もいると思います。

マクロビオティックとは、今よりもさらに素敵な楽しい人生を送るライフスタイルの一つです♪ 

一人でも多くの方にマクロビオティックのよさを伝えて皆HAPPYに地球もHAPPYにしていきたいです♪

千葉 美砂子

千葉 美砂子

東京都出身。

食を通して健康を維持するお手伝いがしたいと思い栄養士へ。中食の商品開発を経験した後、マクロビオティックや自然療法に出会い学び深める。

・クシマクロビオティックインストラクター取得
・東城百合子主催あなたと健康料理教室専科終了

メッセージ

お料理についてや、自然療法について、興味がありましたらどんどん聞いてください!

丈夫で健康な木(カラダ)は根っこがしっかりしています。一緒に根育ていたしましょう♪

小川 康子

小川 康子

東京都出身。

平成20年、NPO法人 日本食育協会食育指導士認定。翌年、リマ・クッキングスクール師範科修了。

現在は北海道の遠軽地方の在来種の豆を中心とした料理教室のアシスタント、経理事務、イベントスタッフなどを務める。

メッセージ

"お台所は生命の薬局であり、主婦(料理する人)は生命の薬局長です"

この言葉をいつも念頭におきながら、夫、育ち盛りの息子三人、そして義母(現在は他界)の料理を日々作っております。

世界の一人でも多くの方にその人に合ったマクロビオティック料理を食べて頂きたいと思ってます。

原村 みのり

原村 みのり

東京都出身。

編集者として出版社・広告代理店を経て、フードコーディネーターに。

東京電力TEPCOひかりのコンテンツサイト「東京カフェ物語」プロジェクトの一環として、カフェの立ち上げ、運営に携わった後、独立。

フリーランスのフードコーディネーターとして料理撮影のスタイリング、レシピ提案、商品改良アドバイスなどの分野で活動するかたわら、ケータリング業務やフードライターとして原稿執筆等も行う。

・調理師
・C.P.A.認定 チーズプロフェッショナル
・日本茶業中央会認定 日本茶インストラクター

メッセージ

私たちの体を形成しているのは、日々の食事。健康な体も美しさも、食べることをおろそかにしていたら決して手に入らないと思います。

とはいえ忙しい日々の中で毎日、毎食、料理をするのは難しいですよね。
でも1日のうちの1食、毎日が無理なら週に数回でも、外食や中食を手作りの料理に変えていくことで、続けていけばだんだんと体調や気持ちに変化が現れてくると思います。

食を通じて、心も体も健康で快適な毎日を過ごすためのお手伝いをしていきたいと思っています。

小林 由美子

小林 由美子

18年間のソニー㈱勤務を経て、インターネット広告やネットショップの運営をサポートするYFMを立ち上げる。

プライベートでは、自宅で無農薬ハーブを育て、食し、生活に活用する暮しを実践。

野菜を中心にした献立で1年で15キロのダイエットにも成功。

食の大切さに目覚め、現在、世界各国の料理や漢方・薬膳などを学びながら、無理せず楽しいマクロビオティック的生活を楽しむ毎日。

・全国料理学校協会 料理技術上級
・RHSJコンテナガーデニングマスター
・ガーデンコーディネーター

メッセージ

穀物・旬の野菜・豆・海草など自然の力を取り入れた「おいしくて健康にいい最高のハレルヤのレシピ」を忠実に丁寧に食卓にお届けいたします。

ご家族皆さんの健康で生き生きとした毎日のお手伝いをさせて頂きます!

ちくしのりこ

ちくしのりこ

東京都出身。

外資系企業在職中に体調を崩したことをきっかけにマクロビオティックと出会う。

現在は、マクロビオティックの理論をベースにしたワークショップやイベント、クッキング・クラスなどで活動するかたわら、京都の老舗料亭にて和食を学ぶ。

・メンタルケア・スペシャリスト実践課程修了
・クシマクロビオティック・アドバイザー
・KIJリーダーシップ・プログラム レベル3修了

メッセージ

「元気がでるごはん」、「素材の持つ命を大切にしたお料理」を提供したい。

そのためにも、「おいしく、楽しく、感謝して食べる」ことを心掛けています。

手間ひまを惜しまず、生命力いっぱいのお野菜や穀物を心を込めて調理しています。

マクロビオティックを通して、環境や自然と調和しながら生活することの大切さを、日々、実感しています。

木村 綾子

木村 綾子

お食事コンシェルジュ & 発酵ファシリテーターを名乗り、恵比寿の自宅にて「セルフケアキッチンQooki」を2009年より主宰。

「食を通じて心の健康に貢献する」をテーマに、マクロビオティックのお食事レッスンや発酵食品教室などを定期的に開催しています。

マクロビオティックのほかにもカウンセリング、アロマテラピー、中医学などを勉強し、多角的に心の元気をアップさせるべく努力中。

・(社)産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
・マクロビオティックスクールG-Veggie公認インストラクター
・細川順讃プレミアムTLセミナー修了
・AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー
・オーガニックライフスタイリスト

メッセージ

ひょんなきっかけから学び始めたマクロビオティック。

それに本腰を入れる気になったのは、40代を過ぎて会社を希望退職し自分の人生を改めて見つめなおした際、メンタルヘルス向上を残りの人生におけるミッションにしたいと思ったことがきっかけでした。

食と体の健康の関連は誰でもすぐ思い浮かべることですが、実は心の健康にも多大な影響があります。

多くの人が知らないそのことを、少しでも多くの人に知らせることが自分の役割だと感じています。

添加物や電磁波の影響を受けない食べ物を選ぶことや栄養のバランスに優れた食事を取ることは、健康にとってとても大事です。

体を構成する細胞も、その細胞を養う血液も、すべて食べ物から作られています。

それは脳細胞も同じです。

誰かが心をこめて作ってくれた食事がどんなに人の心をあたためるか・・・。

食事をよいものにすれば心が元気になります。

心が元気になれば体も元気になります。キレイになります♪

後藤 麻希

後藤 麻希

プライベートシェフとして活動していた頃、マドンナのプライベートシェフをされている西邨マユミさんの存在を知り、マクロビオティックのシェフへ移行する。

その後、MAKIROBI/麻喜亮美を立ち上げ、主に撮影現場へのケータリング、お弁当販売を開始。

2015年 女性ファッション紙『美人百科』4月号 
美香レディ「春はパッと色づく」一ヶ月着回しダイアリーコーナーにMAKIROBI弁当が掲載されました。

2015年 主婦の友社『otona NATURAL』春号
春の可愛いおべんとう「人気のケータリング10をPICK UP!」にMAKIROBI弁当が掲載されました。

・パーソナルシェフ
・AEAJアロマテラピー1級
・KIIマクロビオティック・クッキンングインストラクターコース終了

MAKIROBI/麻喜亮美

メッセージ

「食べた物で体はできている」

食生活が体に影響するということを身を持って実感。

自分自身もオーガニックな玄米菜食を中心とした食生活を心がけています。

陰陽バランスは大切ですが、動物性食品は食べてはいけないとか固執した考えにこだわらず、自分の心と体に耳を傾ければ、自分の欲する物がわかってくると思います。

私たちは日本人に生まれてきた有難さを実感し、日本古来の伝統食・発酵食、そして玄米菜食の美味しさを伝える事で、少しでも多くの方に健康になれる料理を作りたいと思っています。

坂井 英

坂井 英

横浜市出身。

2006年にマクロビオティックに出会い、 自身の体調不良を改善したことをきっかけにOLからベジタリアンの世界へ。マクロビオティックの宅配お弁当屋さんで、調理、運営等を経験し、銀座のビーガンレストラン アインソフのキッチンで活躍、後マネージャーを務める。

2013年に退職後フリーランスとなりLove Flow ~MacroVeganCookig~ を主宰。

料理教室、イベント出張料理、ハレルヤパーソナルシェフ、飲食店プロデュース、講師、など幅広く活動している。

・クシマクロビオティックスコンシェルジュ
・ベジライフスタイリスト
・豆腐マイスター
・調理師
・&MACROBI
・ヨコハマベジタリアンCLUB 部長

メッセージ

心を込めて、お食事をご用意させていただきます。

マクロビオティックの食事を取り入れることで、身体と心の変化を感じていただきたいです。

若林 徳子

若林 徳子

東京都出身。

会社員時代にワインの魅力にはまりワインエキスパートを取得と同時にワインに合うパンを作りたくパン焼きの勉強を始める。

会社勤めと並行して天然酵母パン教室を主宰。このころより自身の体調不良をきっかけにマクロビオティックを本格的に生活に取り入れる。

クシマクロビオティックアカデミー(現:ビオクラ)level2、クシマクロビオティックアドバイザーを取得。

現在は自宅と浦和のカフェでマクロビオティック料理教室及び天然酵母パン教室を主宰。

ペアレンティングホームの活動として、シェアハウスシェフとしても玄米菜食の大切さを伝えています。

ブログ >> マクロビオティック的天然酵母パン教室~

メッセージ

会社員時代は体に負担のかかるものばかりを食べていました。その結果、体調を崩し祖母の作ってくれていた玄米を中心とした食事のことを思い出し食の大切さに気付きました。

幼いころに食べていた玄米を中心とする食事に戻すことで体調がみるみるよくなりそれと同時に精神的な安定も得ることができました。

そのことを一人でも多くの方にお伝えしたいと思っています。

野田 真由美

野田 真由美

大阪府出身。

俳優、バンドマネージャー等、様々な職業を経験する中、「人間とは何か」について考える。

高校卒業までの8年間、スピードスケートの選手として厳しい食事管理生活を実践し、食べ物が人にに与える影響を体感する。

2007年より、本格的にマクロビオティックの食事に切り替え、心身に起こったたくさんの変化に感銘を受ける。

現在、クシマクロビオティックアカデミー認定インストラクター。

自身のマクロビオティック講義や調理実習、都内のカフェ健康相談、マクロビオティックの考えを取り入れたメイクアップスクールを立ち上げるなど、オリジナリティー溢れる様々な活動を展開中。

ADORN TOKYO BEAUTY STUDIO主催。

メッセージ

甘い物もお肉も大好物だった私が、人体実験のつもりで始めたマクロビオティック。

それが余りにも楽しく美味しく、哲学も何から何まで目から鱗落ちで、気付いたらそのままライフワークになってしまいました。

少し不安になったり、少し悲しくなったり、少し恐いと感じたり、ちょっとした心や体の悩みが食べ物の影響で起きている事もあります。

いつだって自由で楽しくいられる様に。たくさんの夢を実現するために。

幸せ改革一緒に始めましょう!

森 惠美子

森 惠美子

名古屋市出身。

“食”とはかけ離れた仕事ばかりしていた中で、玄米食のセミナーに参加。そこから玄米を食べ始め、数年後、駅のエスカレーターで足を滑らせ宙に舞い、腰を強打し、腰椎横突起を骨折。

1ヶ月間の入院中、病院食に辟易し名前だけは知っていたマクロビオティックを実践してみようと決意する。まず、病院食の白米を一口100回噛むことから始め、マクロビレシピブログなどを参考に食材リストを作成。退院と同時に、マクロビオティックの食生活を開始し、クシマクロビオティックス・コンシェルジュの資格を取得。

現在は、オーガニックショップの店長を務めながら、自宅で”身近な人から健康に”というテーマで「マクゆるランチ」を主宰。難しいこと抜きで、毎日料理する人のための簡単レシピとマクロビオティックの基礎知識を伝えている。

メッセージ

食生活の改善は、気合いを入れなくても自然にできるものと思います。

大事なのは、楽しみながら、無理なく継続できること。食べるものでカラダが変化し、気づくと風邪をひきにくい、疲れても回復が早いなど。自分が健康で且つ元気でいないと、周りの人を助けられません。

少しでも多くの人に“食べる”ことで何かが変わることを知っていただけたらと思います。

阿部 瞳

阿部 瞳

広島県出身。

2011年、マクロビオティックに出合い、月に一度の料理教室に通い始める。

シンプルで体にも自然にも優しく、普段の生活に取り入れ易いと思い、家庭でもゆるく取り入れる。

体調を崩したことをきっかけに、食の本質を理解し実践する事で体が変わることを体感。

食べる人の事を想い、全ての食材に感謝してキッチンに立つ日々。

日本パーソナルシェフ協会認定
・ホーム・パーソナルシェフ
・プロ・パーソナルシェフ

メッセージ

子育てをしていて、子供たちの免疫が落ちているように感じています。

食べるという事は、自然から命をいただき、生命力を十分発揮出来る土台を作ることです。

体は食べた物で出来ています。

食生活で体が変わること、本物の食材の美味しさ、日本の食文化の素晴らしさをお伝えします。

食べて頂いた人の体と心が更に元気になるよう、心を込めてお料理させて頂きます。

橋爪 智美

橋爪 智美

アトピー性皮膚炎から東洋医学に興味を持ち、がん専門の漢方薬店に通い食生活を改善。

その後その漢方薬舗で食生活のアドバイスをする仕事に就く。

食べるもの、スキンケア、化粧品、洗剤、生理用品など、オーガニックライフで地球にやさしい生活を送っています。

・漢方アロマテラピー取得
・オーストラリアにて、アロマテラピーIMMA取得
・KIJ認定マクロビオティックインストラクター受講中
・オーガニックアドバイザー取得

メッセージ

幼少の頃の大好物は チョコとアイス(乳製品)とお肉、野菜は嫌いでした。

いつも何らかのアレルギーに悩まされ虚弱体質でした。常に体がだるかったり、肩こり、冷え症、貧血気味なのが不調だとも思わず危機感もない生活を送っていました。さすがにアトピーのかゆみは精神的につらく、思春期の頃だったので落ち込みました。

西洋医学の薬漬けだった日々からまったく違う何かを探していた時、漢方に出会い、食生活がいかに出鱈目だったかに気づきました。自然豊かな場所での海外暮らしを経験し、すっと肩コリや体の緊張がほぐれていきました。

今までどれだけ体が辛かったのかを、健康になって初めて実感することができました。

「健全な精神は健全な肉体に宿る」

食事をかえてゆくにつれ、精神も穏やかになっていき、体感することができるようになりました。

そしてマクロビオティックとオーガニックについて勉強をしていくと、有害物質が自然界で分解されず、環境(自然界、動物界)の秩序を乱し、汚染していることについて深く考えるようになりました。

今まではただ健康の為だけにオーガニック製品を選んできましたが、“エゴ”から“エコ” 体にいいだけじゃない、地球環境に良い事!!

口から入れるものを考えてみる事。

体と心と環境にやさしい事。

そんなことを出会った人に伝えていけたらと思っています。

PAGE
TOP